米ギャップ:5~7月期は25%増益、予想と一致-デニムが好調

米衣料品チェーン最大手、ギャップ の5-7月(第2四半期)決算は25%の増益となった。新たなデニム製 品の投入などにより、「ギャップ」と「オールドネイビー」ブランドの 売上高が伸びた。

22日の発表資料によると、純利益は3億300万ドル(約300億円、1 株当たり64セント)となり、ブルームバーグがまとめたアナリストの予 想平均と一致した。前年同期は2億4300万ドル(同49セント)だった。 ギャップは14年1月通期の1株利益見通しを最大2.65ドルと、従来予想 の最大2.60ドルから上方修正した。

グレン・マーフィー最高経営責任者(CEO)は、品ぞろえの改善 に取り組み、デニム製品や新ラインのスポーツウエアのほか、低価格商 品で顧客獲得を図った。5-7月期の売上高は8.2%増の38億7000万ド ルだった。

5-7月期の既存店売上高は5%増加。ブランド別ではギャップ、 オールドネイビーがそれぞれ6%増えた一方、「バナナ・リパブリッ ク」は1%減少した。

オッペンハイマーのアナリスト、アナ・アンドリーバ氏(ニューヨ ーク在勤)は決算発表前の段階のインタビューで「ギャップは事業に明 らかに勢いがあった」と指摘。「製品面がうまく機能した」と述べた。 同氏はギャップ株の投資判断を「ホールド」相当としている。

原題:Gap Second-Quarter Profit Rises 25% as Denim Boosts Sales (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE