米社債保証コスト、6週間ぶり大幅低下-米失業保険申請を好感

22日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが6週間ぶりの大 幅な低下。米失業保険申請件数の先週までの4週間平均値が約5年ぶり の低水準となったことが影響した。

ブルームバーグが集計したデータによると、北米企業の信用リスク の指標であるマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは、ニ ューヨーク時間午後5時20分(日本時間23日午前6時20分)現在、3.7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の80.7bp。7月11日 以来の大幅な下げとなった。

米労働省の22日の発表によると、週間の新規失業保険申請件数の4 週移動平均は先週までに33万500件と、2007年11月以来で最低だった。

ミラー・タバクのチーフ経済ストラテジスト、アンドルー・ウィル キンソン氏は電子メールで、失業申請件数は「面白みの少ない週間統計 だが、労働市場で雇用創出が継続しているという好調さを感じることが できる統計だ」と指摘した。

原題:U.S. Credit Swaps Fall Most in Six Weeks; Santander Sells Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE