米国株:上昇、失業保険申請を好感-ナスダック取引一時停止

米株式相場は上昇。経済指標で世界 の製造業や米労働市場の改善が示されたことが手掛かり。ナスダック市 場ではコンピューターシステムの不具合から取引が3時間にわたり停止 された。

S&P住宅建設株指数が高い。米連邦住宅金融局(FHFA)が発 表した6月の住宅価格指数(季節調整済み)は前年同月比で7.7%上昇 した。ヤフーも上昇。7月の同社ウェブサイト利用者がグーグルを上回 ったことが好感された。一方でヒューレット・パッカード(HP)は大 きく下落。同社が示した利益見通しは一部のアナリスト予想を下回っ た。カジュアル衣料のアバクロンビー&フィッチ(アバクロ)も大幅 安。第2四半期決算が市場予想に届かなかったことが嫌気された。

S&P500種株価指数は前日比0.9%高の1656.96。ダウ工業株30種 平均は7営業日ぶりに反発し、0.4%高の14963.74ドル。ナスダック総 合指数は1.1%上げて3638.71。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクの株式戦略・調査責任 者、ポール・マンガス氏は「失業保険申請の統計は明るい内容で、緩慢 な雇用拡大が続いていることが示された」とした上で、「中国では安 定、欧州では改善の兆しがそれぞれ見られており、米国の多国籍企業に は長期的にプラスとなる可能性がある」と述べた。

ナスダックで取引停止

米株式市場はこの日もコンピューター障害に見舞われた。取引所間 でデータを共有するためのソフトウエアに不具合が生じ、ナスダック市 場は株式とオプションの取引を一時停止した。取引はニューヨーク時間 午後0時20分ごろに停止した後、同3時25分に再開された。

ナスダックでの取引停止で、アップルやインテル、フェイスブック など売買が活発な銘柄の多くで一時、事実上取引が行えない状態となっ た。株式市場では20日にもゴールドマン・サックス・グループがプログ ラミング上のミスからオプションを誤発注し、市場の混乱を招いてい た。

シーブリーズ・パートナーズ・マネジメントの創業者ダグラス・カ ス氏は「ナスダックにとっては大きな問題だが、影響は皆が考えるほど 深刻ではなかった」と述べた。

取引停止を受け、米証券取引所での出来高は祝日前の短縮取引を除 けば少なくともここ5年間で2番目に低い水準となった。この日の出来 高は約44億株で、3カ月平均を30%下回る。

失業保険申請、景気先行指数

米週間新規失業保険申請件数は、先週までの4週間平均値が約5年 ぶりの低水準となった。

米労働省の発表によると、4週移動平均は先週までに33万500件 と、2007年11月以来で最低だった。

米民間調査機関コンファレンス・ボードが発表した7月の米景気先 行指標総合指数(LEI)は前月比0.6%上昇した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は0.5%上昇だった。

S&P500種の業種別10指数ではエネルギー株と素材株の上げが目 立った。

S&Pスーパーコンポジット住宅建設指数は1.9%上昇。構成す る11銘柄全てが上げた。

ヤフーは3.1%高の27.90ドル。コムスコアの21日の発表によると、 ヤフーのサイト利用者は7月に1億9600万人超となった。これはグーグ ルを430万人上回る。

HPは12%安の22.22ドル。ダウ平均で値下がり率トップとなっ た。アバクロは18%下げて38.53ドル。下落率は2011年11月以降で最 大。

原題:U.S. Stocks Rise on Global Data, Jobless Claims Amid Nasdaq Halt(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE