香港株(終了):ハンセン指数、6日ぶり反発-資源株が高い

香港株式相場は上昇。ハンセン指数 は6営業日ぶりに反発した。中国やドイツなどの製造業指標で世界的な 回復の兆しがあらためて示されたことから、資源株が値上がりした。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが22日 発表した8月の中国製造業購買担当者指数(PMI)は50.1となり、市 場予想に反して活動拡大を示した。

中国2位の石炭会社、中国中煤能源(1898 HK)は4.7%高。銅生産 で中国最大手の江西銅業(358 HK)は1.5%高。

香港で家庭や企業にガスを供給する香港中華煤気(3 HK)は2.9% 下落。同社の1-6月(上期)決算は減益となった。

ハンセン指数は前日比77.67ポイント(0.4%)高の21895.40で終 了。一時1.3%安まで下げた。米金融当局が来月に債券購入を縮小する との観測を背景に新興市場からの資金流出が加速する中、過去5営業日 で3.2%下落していた。ハンセン中国企業株(H株)指数は前日比1.1% 高の9967.77。

マニュライフ・アセット・マネジメントのポートフォリオマネジャ ー、マルコ・リ氏(香港在勤)は「経済指標の改善が特に資源株にとっ て、若干の押し上げ要因となっている」と指摘。また、「米当局の緩和 縮小見通しで資本流入は細るとみられることから、投資家は選択的にな る必要が出てくるだろう」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Advance as Resources Climb on Signs of Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE