中国、独禁法関連会合に外国企業招く-大型制裁発表前

中国商務省が独占禁止法の規定をめ ぐる会合に外国企業を招いていたことが分かった。中国は今月、米ミー ド・ジョンソン・ニュートリションなど乳製品メーカー6社に対し、価 格操作を理由に総額6億6900万元(約107億円)の制裁金支払いを命じ ている。商務省の会合はその2週間前だった。

飲料パッケージメーカー、テトラパック・グループは北京のホテル で7月24、25両日開催された同会合に参加。広報担当のクリス・ハント リー氏が明らかにした。

携帯電話向け半導体を手掛ける米クアルコムの広報担当クリスティ ン・トリンブル氏は、同社など複数の企業が先月の会議に招かれたと述 べた。乳製品メーカーに対する制裁金は、中国の独禁法違反としては過 去最大規模だった。

商務省の報道室に電話したものの応答はなかった。

原題:China Invited Foreign Companies to Antitrust Talks Before Fines(抜粋)

--取材協力:Liza Lin、Sarah Frier、Zhang Dingmin、Aipeng Soo. Editor: Allen Wan

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE