三菱航空:MRJ納入を2017年に延期-午後5時から会見

三菱重工業傘下の三菱航空機は、国 産初のジェット旅客機、三菱リージョナルジェット(MRJ)の初号機 の顧客への納入を2017年中に延期する。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

同機の開発に遅れが生じていることから、量産工程のスケジュール を見直す。初号機の納入は15年度半ばから後半を目指していた。

三菱航空機は22日、午後5時から都内で「MRJの開発の現状と今 後について」会見する。三菱航空機の川井昭陽社長と 三菱重工航空宇 宙事業本部長の鯨井洋一常務が出席する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE