英金融街ブロードゲート権益、シンガポール公社が取得-関係者

米ブラックストーン・グループが持 っていた英シティー(ロンドンの金融街)の中心に位置するブロードゲ ートの権益の買い手が、シンガポール政府投資公社(GIC)であるこ とを事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

GICはブロードゲートのオフィス街権益の50%をプライベートエ クイティ(PE、未公開株)投資会社のブラックストーンから取得。非 公開の取引であることを理由に関係者が匿名を条件に語った。12ヘクタ ールの敷地内に16のオフィスビルと店舗、レストランが連なるブロード ゲートの権益をめぐっては、ブラックストーンが17億ポンド(約2600億 円)余りでの売却で合意したとブルームバーグ・ニュースが20日報じて いた。

シンガポールのCIMBリサーチのエコノミスト、ソン・セン・ウ ン氏は「ブロードゲートの権益取得は、GICの長期的な戦略投資とし て理にかなっている。欧州の金融の中心であるロンドンの知名度の高い 資産は、機関投資家にとって常に魅力的な買収ターゲットだ」と述べ た。

GICとロンドン在勤のブラックストーンの広報担当者は、いずれ もコメントを控えている。

原題:Singapore’s GIC Said to Be Buyer of Blackstone’s Broadgate Stake(抜粋)

--取材協力:Neil Callanan. Editors: Christine Maurus, Kara Wetzel