メキシコ・ペソが2カ月ぶりの大幅下落-FOMC議事録受け

メキシコ・ペソは2カ月ぶりの大 幅下落。21日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、 債券購入のペースを年内に減速させるというバーナンキ議長の計画をほ ぼ全参加者が「おおむね支持」していることが分かり、高利回り資産を 求める投資家からの新興国市場への資金流入が減少するとの観測が広が ったことが背景。

メキシコ・ペソは現地時間の午後4時(日本時間午前6 時)、2.2%下落して対米ドルで1ドル=13.2597ペソとなり、6月19日 以来の下げ幅を記録した。現地通貨建てのメキシコ国債(2014年償還) の利回りは4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇し て6.29%。

原題:Mexico Peso Tumbles Most in Two Months Amid Fed Stimulus Bets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE