中国:8月のHSBC製造業PMI-予想外に活動拡大示す

中国の製造業活動を示す民間の指数 が8月に上昇に転じた。前月は11カ月ぶりの低水準となっていた。今年 に入って2四半期連続の減速を記録した同国の景気安定を示す新たな兆 候だ。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが22日 発表した8月の中国製造業購買担当者指数(PMI)は50.1。7月改定 値の47.7から上昇するとともに、ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト16人の予想中央値(48.2)も上回った。製造業活動の拡大 を示す50を超えたのは4月以来。

李克強首相が小規模企業への税制優遇措置や鉄道関連投資の拡大な ど経済成長を支える政策を打ち出したことで内需が刺激された。一方で 輸出受注の指数は低下ペースが加速。米連邦準備制度理事会(FRB) が刺激策縮小を検討する中で、中国が外需拡大に期待できる余地は狭ま っていることが示された。

HSBCの中国担当チーフエコノミスト、屈宏斌氏は発表資料で 「中国の製造業活動の伸びは安定し始めた」と指摘。「向こう数カ月、 中国の経済成長は上方向へのサプライズ」が見込めると述べた。

7月の工業生産と輸出も製造業PMIと同様に市場予想を上回る伸 びを示しており、中国の成長見通しは改善している。

HSBCの製造業PMI速報値は420社余りのメーカーの購買担当 者の回答に基づいている。改定値は9月2日に発表される。

中国国家統計局と中国物流購買連合会は9月1日に8月の製造業 PMIを発表する。7月は50.3と、市場予想に反して前月の50.1から上 昇した。

原題:China’s Manufacturing Gains on Stronger Domestic Demand: Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE