米HPの8~10月利益見通し、市場予想下回る-PC販売不振

パソコン(PC)メーカーで世界2 位の米ヒューレット・パッカード(HP)が21日示した8-10月(第4 四半期)の利益見通しは、一部のアナリスト予想を下回った。メグ・ホ イットマン最高経営責任者(CEO)はPC需要の減少などから、来年 度の増収見通しを撤回した。

HPは経営上層部の刷新も発表した。デーブ・ドナテリ氏の代わり にビル・ベクティ最高執行責任者(COO)をエンタープライズ事業の トップに起用。マーティ・ホムリッシュ氏に代えヘンリー・ゴメス最高 コミュニケーション責任者を最高マーケティング責任者に昇格させた。

発表資料によると、一部項目を除いた利益は1株当たり0.98-1.02 ドルとなる見通し。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均 は1.01ドル。2013年度通期の1株利益は3.53-3.57ドルとなる見込み。 同社は従来、3.50-3.60ドルと予想していた。

HPは2万9000人を削減し新製品を投入、債務を減らして競争力の 向上を図ってきたものの、PC需要の長期的減少やモバイル機器へのシ フトによる販売低迷で痛手を受けている。スマートフォン(多機能携帯 電話)やタブレット端末などの新製品を十分なスピードで拡充できてい ないHPは、世界のPC出荷の5四半期連続の減少で利益が圧迫されて いる。

後退

ホイットマンCEOはアナリストとの電話会議で「企業の支出が弱 い環境」にあり、欧州と中国の販売が厳しい状況だと説明。エンタープ ライズ事業とPC事業の困難な状況に言及し、HP全体では2014年度に 前年比増収を達成する可能性は低いと述べた。従来は14年度に売上高が 伸びるとの見通しを示していた。

同社の株価は時間外取引で一時6.4%安の23.75ドルを付けた。通常 取引終値は1.8%安の25.38ドル。

5-7月(第3四半期)の売上高は前年同期比8%減の272億ド ル。アナリスト予想平均は273億ドルだった。一部項目を除いたベース の1株利益は86セントで、アナリスト予想平均は87セント。純利益は13 億9000万ドルで、アナリスト予想平均は11億9000万ドルだった。

グローバル・ファイナンシャル・プライベート・キャピタルのクリ ス・バーテルセン最高投資責任者(CIO)は「私は今期を足踏み状態 の四半期と受け止めている。同社は資産を再配分してさまざまな部門を てこ入れするプロセスにある」と指摘した。

原題:Hewlett-Packard Profit Forecast Misses Estimates on PC Slump (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE