グレンコアのグラゼンバーグ氏、鉱山業界CEOの努力を称賛

商品取引大手、スイスのグレンコ ア・エクストラータのアイバン・グラゼンバーグ最高経営責任者 (CEO)は鉱山業界について、価格と投資家のリターンてこ入れに向 け支出を抑制し、事業拡張を先送りするべきであるとの自身の呼び掛け に応じているとの見解を示した。

グラゼンバーグCEOはロンドンからの電話インタビューで 「CEOらは株主から圧力を受け、正しいことをしている」と語った。

グラゼンバーグCEOは半年前、鉱山業界のCEOについて、原材 料を大量に生産し価格下落と利益縮小を招く「失敗を犯した」と批判し ていた。今年に入って、オーストラリア・英系BHPビリトンなど一部 の大手鉱山会社でCEOが交代しコストや支出の削減に取り組んでい る。

BHPのアンドルー・マッケンジーCEO(56)は20日、グラゼン バーグ氏について「彼はなかなか満足しない人物だ」との見方を示し た。マッケンジー氏は5月にCEOに就任。10年間に及ぶ鉱物需要ブー ムの後、最大手のBHPを含む鉱山各社は収入の減少に直面している。

グラゼンバーグ氏は20日、「大半のCEOは過去の過ちを受け入 れ、解決しなければならない」と述べた。同氏はエクストラータと合併 前も含めグレンコアに29年間勤務。2002年からCEOを務め、グレンコ ア・エクストラータの株式の8.3%を保有している。

原題:Glencore’s Glasenberg Lauds Rival CEOs for New Mining Mantra (2)(抜粋)

--取材協力:Kornelija Dauksaite. Editors: Tony Barrett, Randall Hackley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE