アジア株価指数先物、下落-9月にも米刺激策縮小開始の観測

22日早朝の取引でアジアの株価指数 先物は下落。同日のMSCIアジア太平洋指数が6営業日続落する可能 性が示唆されている。21日公表された米連邦公開市場委員会 (FOMC)議事録で、来月にも債券購入プログラム縮小が開始される との観測が強まった。

オーストラリアのS&P/ASX200指数先物は0.8%安。日経平均 先物はシカゴ市場で0.8%安。21日の米市場でS&P500種株価指数は前 日比0.6%安で取引終了。この6営業日で5回目の下げとなった。米30 年物国債利回りは2年ぶり高水準となった。豪ドルとニュージーラン ド・ドルはほぼ変わらず。前日は共に対米ドルで1%超下落した。

MSCIアジア太平洋指数は過去5営業日で4%余り値下がりし た。

原題:Asian Index Futures Slip on Taper Outlook as Dollar Holds Gains(抜粋)

--取材協力:Jeff Sutherland、Lu Wang. Editor: Emma O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE