南アの自動車メーカー、労組と賃金交渉再開へ-ストは継続

南アフリカ共和国にあるトヨタ自動 車や独BMW、米ゼネラル・モーターズ(GM)などの工場で、労働者 のストが22日に4日目に突入する。経営側は労組幹部と賃金交渉を再開 する。

21日の発表によると、南アフリカ全国金属労組(NUMSA)は自 動車メーカー各社から23日の交渉再開を求める要請を受けた。 NUMSAは交渉を行い、23日にその結果について組合員と協議を行う が、ストは継続するとしている。

NUMSAによれば、南アにある乗用車メーカー7社の工場などで 約3万人の労働者がストを決行中。南アフリカ自動車工業会 (NAAMSA)が16日公表した試算によると、ストに伴う自動車業界 の損失は1日当たり最大で7億ランド(約66億円)に上る。

原題:South Africa Automakers to Meet Union for Wage Talks Amid Strike(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE