8月21日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルが上昇、FOMCの緩和縮小支持を議事録が示唆

ニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。午後に公表された米連 邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、景気が改善する限り、年内に 緩和規模を縮小し始めるというバーナンキ連邦準備制度理事会 (FRB)議長の計画に「幅広い支持」が集まっていることが明らかに なり、ドルは上げ幅を拡大した。

7月の米中古住宅販売が2009年11月以来の高水準に増加したこと は、朝方のドル買い材料となった。新興市場資産の下落を背景に、イン ドネシア・ルピアは4年ぶりの安値に沈み、インド・ルピーは最安値を 更新した。

RBSセキュリティーズの為替ストラテジスト、ブライアン・キム 氏(コネティカット州スタンフォード在勤)は電話インタビューで、議 事録は「秋の金融緩和を支持する内容だ。12月よりも9月、あるいはそ の逆を決定づけるには不十分だと思う」と語った。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドル相場を反 映するブルームバーグ米ドル指数は前日比0.6%高の1026.73。

ドルは円に対し0.4%高い1ドル=97円68銭。対ユーロでは3日ぶ りに上げ、0.5%高の1ユーロ=1.3355ドル。ユーロは対円でほぼ変わ らずの1ユーロ=130円46銭。

10年債利回りは2年ぶりの高水準に接近し、商品相場は3日続落し た。

ルピア、ルピー

ルピアは対ドルで6日続落。インドネシア銀行(中央銀行)のワル ジョ副総裁は前日、同中銀がルピア安定に向けて通貨および国債市場に 関与し続けると述べたにもかかわらず、ルピアは下げ止まらなかった。 一時は1ドル=10818ルピアと、2009年4月以来の安値を付けた。イン ド・ルピーは一時2.1%下げ、1ドル=64.55ルピーを付けた。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「量的緩和の縮小が世界的に流動性を縮小させ るという点で、新興市場は米金融政策の見通しに引き続き非常に敏感に なると思う。米金融政策は一朝一夕で反転するようなものではない」と 述べた。さらに「われわれは特に短期的に資源国通貨に慎重だ。それら の通貨には支援的な環境はまだあまり整っていないだろう」と語った。

カナダ・ドルは米ドルに対して4日続落。豪ドルやニュージーラン ド・ドルも下げた。

9月縮小予想は65%

ブルームバーグが9-13日にエコノミスト48人を対象に実施した調 査によると、9月17-18日のFOMC会合で資産購入規模の縮小が決定 されるとの予想は65%だった。現在、月850億ドルの購入規模について は月750億ドルへの縮小が予想(中央値)されている。

ドイツ銀行のG10為替戦略グローバル責任者のアラン・ラスキン氏 はリポートで、議事録についてFOMCは「市場が基本的に当局からの メッセージを適切に受け止めていると考えており、市場の期待値を変え ることは望んでいない」と指摘。「他の市場の大半は米国債から手掛か りを得ている」と続けた。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月の中古住宅販売件数 (季節調整済み、年換算、以下同じ)は、前月比6.5%増加の539万戸。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の予想中央値 は515万戸だった。中古住宅価格(中央値)は前年同月比13.7%上昇し た。

原題:Dollar Advances as Fed Minutes Show Broad Support for Tapering(抜粋)

◎米国株:下落、議事録はFRB議長の緩和縮小計画への支持示す

米株式相場は下落。ダウ工業株30種平均はここ13カ月で最長の6日 連続安となった。この日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC、 7月30-31日開催)の議事録によれば、景気が予想通り改善すれば年内 に緩和縮小を開始するというバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB) 議長の計画が支持された。

事務用品小売りのステープルズが大幅安。小売り・国際事業の落ち 込みを理由に通期利益予想を下方修正したことが嫌気された。ターゲッ トも下落。同社決算は前年同期比13%の減益となった。一方でホームセ ンターを展開するロウズは上昇。通期予想の上方修正が好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.6%安の1642.80と、7月8日以来 の安値。ダウ工業株30種平均は105.44ドル(0.7%)下げて14897.55ド ル。6営業日続落は2012年7月以降で最長の連続下落。

ウェルズ・ファーゴ・プライベート・バンクのエリック・デービッ ドソン副最高投資責任者(CIO)は「金融引き締めの開始時期につい てFOMC議事録が示唆するところは依然不透明だ」と指摘。「ここ何 年も続けた緩和から段階的な引き締めに踏み出すのは、今後に影響する 重大な瞬間になるだろう。縮小プロセスを開始できる段階にあるかを金 融当局がまだ分かっていないという意味において、議事録は極めて明確 だ」と述べた。

FOMC議事録

朝方から下げていたS&P500種は、米東部時間午後2時に議事録 が公表された後に下げを縮め、一時上昇に転じる場面もあった。金融当 局の緩和策が年内に縮小されるとの懸念の強まりから、S&P500種は 8月2日に記録した終値での最高値から20日までに3.4%下落。これま での緩和策を受け、同指数は09年の弱気相場の安値から150%余り上昇 している。

FRBが公表したFOMC議事録によれば、会合のほぼ全参加者は 景気が予想通り改善された場合、債券購入のペースを年内に減速させる というバーナンキ議長の計画を「おおむね支持」していることが分かっ た。一方で2、3人は「近いうち」に縮小開始が必要になる可能性を指 摘した。

経済については参加者は、13年下期に成長が上向き「一層力強さを 増す」と引き続き予想している。

経済指標

ブルームバーグの調査によれば、22日発表される新規失業保険申請 件数は増加が予想されている。21日発表された7月の米中古住宅販売件 数は前月比で増加し、2009年11月以来の高水準となった。住宅ローン金 利のさらなる上昇を前に、駆け込み需要が増えた。

JMPセキュリティーズのマーク・リーマン社長は「今は誰もが神 経質になっている」と指摘。「何をすべきか確信を持てない状況」であ り、よってきょうのような日中の相場の大きな変動に「影響されやす い」と分析した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)はこの日6.9%上げて15.94。

S&P500種の業種別10指数は全て下落。公益や通信が特に下げ た。

ステープルズは15%安の14.27ドル。下落率はここ2年余りで最大 となった。

ターゲットは3.6%下げて65.50ドルと、3月1日以来の安値。厳し い経済情勢や社会保障税の増税で消費者は生活必需品以外の購入を手控 えており、ウォルマート・ストアーズやメーシーズでも売り上げに影響 が及んでいる。

ロウズは4.3%上昇し45.97ドルとなった。

原題:U.S. Stocks Drop as Fed Minutes Show Support for Fall Tapering(抜粋)

◎米国債:下落、FOMC議事録が緩和策縮小への広範な支持示す

米国債相場は下落。30年債利回りが2年ぶり高水準に押し上げられ た。米連邦準備制度理事会(FRB)が午後に公表した連邦公開市場委 員会(FOMC、7月30-31日開催)の議事録で、政策当局者が債券購 入のペースを減速させる計画を「おおむね支持」していることが明らか になった。

10年債利回りは2年ぶり高水準に迫った。議事録によると、 FOMC会合参加者は景気が予想通り改善された場合、債券購入のペー スを年内に減速させるというバーナンキ議長の計画を支持した一方で、 2、3人は「近いうち」に縮小開始が必要になる可能性を指摘した。

イーグル・アセット・マネジメントの債券運用担当マネジングディ レクター、ジェームズ・キャンプ氏は「市場は引き続き緩和策の縮小を 見込んでいるようだ」と述べ、「米金融当局は量的緩和からの脱却を望 んでいる。短期的に10年債利回りが3%に上昇する可能性もあるだろ う」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後4時59分現在、30年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上げて3.92%。2011年8月以来で最高となった。同年債価格 (表面利率3.625%、償還期限2043年8月)は1 1/8下げて94 26/32。10 年債利回りは前日比8bp上昇の2.89%。

9月の縮小観測

議事録によると、2、3人のメンバーは「近いうちに購入ペースを いくらか減速させる時期が訪れる可能性もある」と主張した。

ブルームバーグが8月9-13日にエコノミストを対象に行った調査 によると、65%が9月17-18日のFOMC会合で債券購入の縮小が決定 されると予想。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によると、 米国債と住宅ローン担保証券(MBS)のリターンは月初から前日まで にそれぞれマイナス0.9%。5-7月は米国債、MBSともに下げた が、米国債がより大きく下げていた。バンクレート・ドット・コムによ ると、30年固定式の住宅ローン金利は今週に入って4.59%に上昇 し、2011年5月以来の高水準に迫った。

ブルームバーグ米国債指数によると、米国債のリターンは年初か ら3.54%のマイナスとなっている。

資金流出

トリムタブズ・インベストメント・リサーチのデータによると、米 国で登録されている債券の投資信託と上場投資信託(ETF)からの今 月の資金流出は303億ドルとなっている。

トリムタブズの前日付のリポートによると、月初から19日までの資 金引き揚げは、6月の691億ドル、2008年10月の420億ドルに次いで3番 目に高い水準となっている。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のビル・グロース氏はツイッターへの投稿で、「量的緩和の終了か。で あれば強気相場も終了だ」と指摘した。

原題:Treasuries Fall as Fed Policy Makers ‘Comfortable’ With Tapering(抜粋)

◎NY金:下落、FOMC議事録が緩和策縮小への広範な支持示す

ニューヨーク金先物相場は下落。米連邦公開市場委員会 (FOMC)の議事録(7月30-31日分)では、バーナンキ米連邦準備 制度理事会(FRB)議長が示した緩和縮小への道筋に幅広い支持が得 られたことが示された。

議事録によれば、会合のほぼ全参加者は景気が予想通り改善された 場合、債券購入のペースを年内に減速させるというバーナンキ議長の計 画を「おおむね支持」していることが分かった。一方で2、3人は「近 いうち」に縮小開始が必要になる可能性を指摘した。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者、バート・メレク氏は電話 インタビューで、「当局者らはバーナンキ議長が考える然るべき道筋に 同調しているようだ」と指摘。「現時点では、金に新たな買いが入るこ とはあまりないだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は午後3時13分現在の電子取引で、0.1%安の1オンス=1370.80ド ル。通常取引は前日比0.2%安の1オンス=1370.10ドルで終了してい た。

原題:Gold Falls as FOMC Minutes Signal Support for Tapering Timeline(抜粋)

◎NY原油:2週間ぶり安値-FOMC議事録が緩和縮小を示唆

ニューヨーク原油先物相場は続落し、ほぼ2週間ぶりの安値を付け た。連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で年内に緩和縮小が始まる 可能性が高いことが示された。

7月30-31日に開催されたFOMCの議事録によれば、会合のほぼ 全参加者は景気が予想通り改善された場合、債券購入のペースを年内に 減速させるというバーナンキ議長の計画を「おおむね支持」しているこ とが分かった。一方で2、3人は「近いうち」に縮小開始が必要になる 可能性を指摘した。エネルギー省が発表した統計では、先週の原油在庫 は143万バレル減少した。

プレステージ・エコノミクス(テキサス州オースティン)のジェイ ソン・シェンカー社長は「FOMC議事録は景気刺激が近く縮小される ことを告げている」と指摘。「債券購入規模が縮小される可能性が高い という事実は非常に弱気な材料だ」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物10月限は前日 比1.26ドル(1.20%)安の1バレル=103.85ドルで終了。終値としては 8月8日以来の安値。

原題:Crude Falls to Two-Week Low on Fed Support for Stimulus Tapering(抜粋)

◎欧州株:3日続落、銀行と資源銘柄に売り-FOMC議事録控え

欧州株式相場は下落。指標のストックス欧州600指数はここ8週間 で最長となる3日続落となった。この日公表される米連邦公開市場委員 会(FOMC)議事録で量的緩和縮小のタイミングが示唆されるとの観 測が強まっている。

オランダのビールメーカー、ハイネケンは4%下落。同社は2013年 の一時的項目を除いた利益が横ばいとなるとの見通しを示した。英 HSBCホールディングを中心に銀行株が売られ、英豪系BHPビリト ンなどの資源銘柄も大きく下げた。

ストックス欧州600指数は前日比0.5%安の300.61で終了。7月31日 以来の安値を更新した。米金融当局が緩和縮小を開始するとの観測が高 まった5月22日以降、同指数は3.2%下げている。

アクサ・インベストメント・マネジャーズのストラテジスト、フラ ンツ・ウェンツェル氏(パリ在勤)は「米金融当局は緩和縮小の決定と 同時に、慎重なペースで縮小していくことを決めるだろう」と語った。

ブルームバーグのまとめたデータによれば、ストックス欧州600指 数の取引高は100日平均を23%下回った。

21日の西欧市場では18カ国中14カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Drop a Third Day in Longest Slide in Eight Weeks(抜粋)

◎欧州債:スペイン債が続落、FOMC議事録控え-英独債も下げる

欧州債市場ではスペインとイタリアの国債が3日続落。この日公 表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録に、量的緩和を縮 小するタイミングが示唆されるとの観測が強まっている。

イタリア10年債利回りは2週間ぶり高水準に達した。ベルルス コーニ元首相が現政権への支持を撤回する可能性を示したとの新聞報 道が背景にある。ドイツ国債も下げた。この日の2年債入札で落札利 回りが上昇した。

クレディ・アグリコルCIBの債券ストラテジスト、オーラン ド・グリーン氏(ロンドン在勤)は「引き続き焦点はFOMC議事録 だ」とし、「今後発表される経済指標やこの日の議事録で見方が変わ らない限り、量的緩和縮小の観測で利回りは上昇を続けるだろう」と 語った。

ロンドン時間4時18分現在、スペイン10年債利回りは前日比 6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の4.53%。前日 までの2営業日で11bp上げていた。同国債(表面利率4.4%、 2023年10月償還)価格はこの日、0.46下げ98.99。

同年限のイタリア国債利回りは5bp上げ4.36%。2日以来の 高水準となる4.37%まで上昇する場面もあった。

ドイツ10年債利回りは前日比4bp上昇し1.88%。19日には

1.92%と、2012年3月27日以来の最高に達した。既発の2年債 (2015年6月償還)利回りはこの日、2bp上げ0.22%。

英国債相場は下落し、10年債利回りは4bp上昇の2.71%とな った。19日には2.75%まで上げ、11年8月8日以来の最高に達し た。同国債(表面利率1.75%、2022年9月償還)価格はこの日、

0.28下げて92.33。

原題:Spanish Bonds Drop Before Fed Minutes; Bunds Fall After Auction(抜粋) Pound Strengthens Before Fed Releases July Minutes; Gilts Slide (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE