ウェルズ・ファーゴ、住宅ローン組成で2300人削減へ-関係者

米住宅金融最大手ウェルズ・ファー ゴは金利上昇に伴い借り換え需要が減少しているため、住宅ローン組成 部門で2300人を削減する。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

同関係者はこれとは別に、より小規模な削減がこの数週間に全米各 地で実施されたと述べた。公式発表前であることを理由に匿名で明らか にした。発表資料によると、同行の住宅ローン担当者は3月末時点で1 万1406人。その約20%が削減される。

ウェルズ・ファーゴは、金利上昇に伴う借り換え需要縮小により住 宅ローンが年内は鈍化するとの見通しを示していた。同行の住宅ローン 組成責任者フランクリン・コデル氏の内部文書によると、借り換えは1 -6月(上期)に住宅ローン市場の70%を占めていたが、最近は申請の 約50%まで減少、今後数カ月でさらに低下する可能性がある。

コデル氏は「顧客の需要に応え、可能な限り効率的かつ効果的に事 業運営できるよう事業再調整の必要があった」と説明。「残念ながらわ れわれのチームの削減が求められている」と述べた。

21日の米株式市場でウェルズ・ファーゴの株価終値は0.5%安 の42.36ドル。同行の従業員数は年央時点で約27万4000人と、米銀で最 大。

原題:Wells Fargo Said to Eliminate 2,300 Mortgage Production Jobs (1)(抜粋)

--取材協力:Jeff Kearns. Editors: Rick Green, Peter Eichenbaum

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE