NY金:下落、FOMC議事録が緩和縮小への広範な支持示す

ニューヨーク金先物相場は下落。米 連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(7月30-31日分)では、バ ーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長が示した緩和縮小への道 筋に幅広い支持が得られたことが示された。

議事録によれば、会合のほぼ全参加者は景気が予想通り改善された 場合、債券購入のペースを年内に減速させるというバーナンキ議長の計 画を「おおむね支持」していることが分かった。一方で2、3人は「近 いうち」に縮小開始が必要になる可能性を指摘した。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者、バート・メレク氏は電話 インタビューで、「当局者らはバーナンキ議長が考える然るべき道筋に 同調しているようだ」と指摘。「現時点では、金に新たな買いが入るこ とはあまりないだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は午後3時13分現在の電子取引で、0.1%安の1オンス=1370.80ド ル。通常取引は前日比0.2%安の1オンス=1370.10ドルで終了してい た。

原題:Gold Falls as FOMC Minutes Signal Support for Tapering Timeline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE