中国人民元:対ドルで3日ぶり反発-中心レート引き上げ

中国人民元は21日、ドルに対し3営 業日ぶりに反発。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを引き上 げた。22日発表される民間の中国製造業活動の指数は前月からの改善が 見込まれている。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前日比0.02%高の1ドル=6.1234元で終了。16日には6.1090元 と、公定・市場レートを統合した1993年末以降の高値を付けていた。人 民銀は元の中心レートを0.04%元高方向の6.1675元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 では、人民元は0.02%安の6.1169元。元の1年物ノンデリバラブル・フ ォワード(NDF)は6.2537元と、前日の6.2534元からほぼ変わらず。 上海スポット取引の元相場を2.1%下回る水準だった。

原題:Yuan Snaps Two-Day Decline on Stronger Fixing Before Flash PMI(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE