香港株(終了):ハンセン指数、5日続落-不動産株が安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が5営業日続落し、この2カ月で最長の下げ局面となった。不動産銘柄 や金融株を中心に値下がりした。

不動産開発の恒隆地産(101 HK)は3%安。中国工商銀行(1398 HK)など中国本土の銀行株も安い。

中国最大の海洋石油会社、中国海洋石油(CNOOC、883 HK) は4.9%上昇。同社の1-6月(上期)利益が市場予想を上回った。

ハンセン指数は前日比152.56ポイント(0.7%)安の21817.73で終 了。構成50銘柄中、値下がりと値上がりの比率は約6対1。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.5%安の9856.86。

京華山一国際の調査責任者キャスター・パン氏(香港在勤)は「米 金融当局の刺激策縮小や新興市場からの資本流出に関する懸念が広がる 中、売り圧力が続いている」と指摘。「投資家は資金を米国に再び振り 向けることでリスクを減らそうとしている」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Drop Fifth Day on Property, Banks; Cnooc Surges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE