アルジャジーラ、米国で放送開始-従来イメージ変えられるか

中東の衛星テレビ局アルジャジーラ が、米国で新たなニュース専門チャネルを始めた。テロリストやイスラ ム過激派を代弁するメディアとの従来のイメージを払拭(ふっしょく) し米国の視聴者にどうアピールしていくかが注目されている。アルジャ ジーラはかつてラムズフェルド米国務長官(当時)から「邪悪」と批判 されたこともある。

20日に放送を始めた「アルジャジーラ・アメリカ」は政治的に偏見 のない深く掘り下げた報道を目指すとしており、米国のMSNBCや FOXニュース、CNNと競い合う。カタールの王族が所有するアルジ ャジーラは今年1月、ゴア元米副大統領が持っていた赤字のテレビ局 「カレントTV」を5億ドル(約490億円)で買収していた。

アルジャジーラは400人を超える海外特派員を擁し、その多くをほ とんどの欧米メディアがカバーしない国々に置いている。米国内ではッ シュビルやニューオーリンズやデトロイトなどの10余りの支局向けに 約700人のスタッフを採用。2001年の米同時多発テロの後、米国の視聴 者はアルジャジーラを国際テロ組織アルカイダのウサマ・ビンラディン 指導者らのメッセージを伝えるテレビ局として記憶しており、こうした ハードルにも向き合うことになる。

ブッシュ前大統領はアルジャジーラがテロリスト寄りの報道をする として批判的だった。03年にイラクの都市ファルージャの戦闘での民間 犠牲者の映像を放送した際には米政府の怒りを買った。同じ年には米国 の戦闘機が誤ってアルジャジーラのバグダッド支局を爆撃、ジャーナリ スト1人が死亡した。

同テレビ局のウェブサイトによると、放送初日の番組ではカリフォ ルニアの刑務所でハンガーストライキ中の囚人に食事を強制するニュー スや、1953年のイランのクーデターでの米中央情報局(CIA)による 関与の容認、財政破綻したデトロイト市での労働組合の活動などが紹介 される。

アルジャジーラ・アメリカの副ニュースディレクター、ポール・イ ードル氏は、ネットワーク調査によると約5000万人もの米国人が「テレ ビのニュース報道には不満で、彼らが番組を見ないのはニュースが語り かけてこないからだ」と述べた。

原題:Al Jazeera Tries Shift From ‘Vicious’ to Fair in U.S. Push (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE