ソニー:「PS4」日本戦略を9月に発表-北米は11月15日発売

ソニーは次世代ゲーム機「プレイス テーション(PS)4」の日本での販売戦略を9月9日に発表する。 「東京ゲームショウ2013」に先駆けての発表となる。

一方、世界最大のビデオゲーム市場である北米に関して同社は、 PS4を11月15日に発売する予定。競合するマイクロソフトに先駆けて 発売することで弾みをつける狙い。またソニー・コンピュータエンタテ インメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長によれば、欧州で は11月29日に発売予定で、年末商戦前に32カ国で発売する。予約注文 は100万台を超えたという。

PS4のライバルゲーム機、米マイクロソフト社の「XboxOn e(エックスボックスワン)」も11月に発売の見込みだが、販売開始 は13カ国とPS4より少なく、値段もPS4の399ドル(約3万9000 円)より100ドル程度高い見込み。

大和証券の綾田純也アナリストは「ソニーは発売に向けて順調に準 備を進めている印象。ソニーは価格が安い分、買いやすさがある」と述 べた。

SMBC日興証券の白石幸毅アナリストも「ソニーの価格設定はア グレッシブで、ライバルに勝てる可能性が高い」と語った。

ソニーは20日、携帯ゲーム機「PSヴィータ」の価格を従来の250 ドルから199ドルに下げた。欧州では199ユーロとした。SCEヨーロッ パのジム・ライアン最高経営責任者(CEO)が明らかにした。

ソニーの平井一夫社長は、ゲーム事業をエレキ再生の重点領域と位 置付けており、2014年度にはゲーム事業で売上高1兆円を目指してい る。

ソニーの株価は一時前日終値比26円高の1953円まで上昇した 後、1937円で取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE