レクサス・ブランド体験スペース、青山に開設-トヨタ

高級車ブランド「レクサス」の世界 共通イメージ確立を目指すトヨタ自動車は、ブランド体験スペースを東 京・青山に30日開設すると発表した。ブランド活動の発信拠点とする。 今後はニューヨークやドバイにも展開する計画。

発表資料によると、コーヒースタンドや展示スペースのほか、ライ ブラリーラウンジ、関連商品ショップなどを設置。ワークショップや展 示などのイベントを開催していく。

レクサスは1989年に米国で投入、その後は欧州、アジアと販売地域 を拡大し、07年には世界で51万台を販売した。米国の高級車市場では10 年まで11年間、販売トップだったが、11年にはその座をBMWに明け渡 していた。トヨタはブランド再構築に向け組織を再編し、開発・営業・ マーケティング機能を集約したレクサス・インターナショナルを発足さ せていた。

また、トヨタは4月の組織改正で自動車事業を先進国や新興国など の4つのビジネス区分に再編し、事業・収益責任の明確化と意思決定の 迅速化を目指すことにした。そのうちのレクサスについては、豊田章男 社長が直接担当し、特に力を入れることになった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE