インドネシア株:5日ぶり反発-ルピアは4年ぶり安値に下落

21日のインドネシア株式相場は5営 業日ぶりに反発。バリュエーション(株価評価)が1年2カ月ぶりの低 水準となっていたほか、同国最大の年金基金が株式を買い増す方針を明 らかにした。通貨ルピアは対ドルで4年ぶりの安値水準に下落した。

ジャカルタ総合指数は前日比1%高の4218.45で終了。ブルーム―バ ーグのデータは、今後1年の予想利益に基づく同指数の株価収益率 (PER)は20日時点で12.26倍と、2012年6月以来の低水準となった ことを示している。

現地の銀行のデータによれば、ルピアは前日比0.8%安の1ドル= 1万775ルピアと、09年4月以来の安値を記録した。

原題:Indonesian Stocks Climb First Time in Five Days as Pension Buys(抜粋)

--取材協力:Berni Moestafa. Editors: Michael Patterson, Matthew Oakley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE