北京や上海のオフィス賃貸料、上昇-企業は中心部から移転も

中国の上海や北京に拠点を置く企業 は、市内中心部から周辺地域にオフィスを移しつつある。アジアで最も 急激に賃貸料が上昇していることが背景だ。

不動産仲介会社クシュマン・アンド・ウェイクフィールドのリポー トによると、上海のオフィス賃貸料は過去4年で43%上昇し、北京では 倍以上の水準となった。ただ、北京の中核地域以外の賃貸料は中心部 を30%下回っており、上海では中心部の半分にとどまっている。

クッシュマンによると、香港では2008年の金融危機前に北京や上海 と同様のオフィスの分散傾向が始まり、モルガン・スタンレーやドイツ 銀行、クレディ・スイス・グループなどの金融機関が中環(セントラ ル)から九龍に移転した。

クッシュマンは、中国主要都市のオフィス賃貸料は上昇が続くと予 想。都市中心部のオフィス供給が徐々に減少していることを理由に挙げ た。

原題:Beijing, Shanghai Office Rent Surge Sends Firms Out of Downturn(抜粋)

--Bonnie Cao. Editors: Iain McDonald, Linus Chua

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE