【個別銘柄】東電急落、SNSや近鉄下落、チタンやLINE関連高い

きょうの日本株市場で、株価変動材 料のあった銘柄の終値は以下の通り。

東京電力(9501):前日比9.3%安の557円と、東証1部売買代金首 位。福島第一原子力発電所で汚染水を貯めていた地上タンクから300ト ンの汚染水が漏えいしたと発表。原子力規制委員会は21日の会合で、国 際原子力・放射線事象評価尺度でレベル1としていた暫定評価を「重大 な異常事象」を意味するベル3に引き上げる方針を固めた。

SNS関連:ディー・エヌ・エー(2432)が7.2%安の1968円、グ リー(3632)が6.8%安。セガなどゲームソフト15社はスマートフォン (高機能携帯電話)向けゲームの顧客開拓で連携する、と21日付の日本 経済新聞朝刊が報じた。各社からソフトを集めて配信するグリーなどに 頼らない仕組みを構築するという。同連携による手数料収入の減少や競 争激化が懸念された。

近畿日本鉄道(9041):6.4%安の396円。発行済株式総数の9.9% に当たる1億7000万株の公募増資などを通じ、最大で783億円の資金を 調達するときょう正午に発表。1株価値の希薄化や株式需給の悪化懸念 で午後の取引で急落した。調達資金は大阪市内に建設中の「あべのハル カス」への投資資金、借入金返済、今後の鉄道関連投資などに充当する 方針。

チタン株:大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)が9.1%高 の1981円、東邦チタニウム(5727)が9.4%高と急伸。クレディ・スイ ス証券では、長い低迷期から離陸のタイミングは近い、などと指摘し、 チタンセクターの判断を「アンダーウエート」から「マーケットウエー ト」に上げたうえで、大阪チタを選好上位とした。

LINE関連:ネットイヤーグループ(3622)が16%高の1956円、 ネオス(3627)が16%高、アドウェイズ(2489)が5.2%高、GMOイ ンターネット(9449)が2.6%高など。無料通話大手のLINEはきょ う午後にカンファレンスを開催。インターネット通販「ウェブストア」 を9月に日本と台湾で開始することなどを明らかにした。LINEに関 連したビジネスチャンス拡大への期待が先行した。

ITホールディングス(3626):4%安の1242円。三菱UFJモル ガン・スタンレー証券では、目標株価を1750円から1650円に変更した。 4-6月実績を踏まえて4-9月営業利益計画(83億円)は下振れるリ スクが高いと判断、今期営業益予想を205億円(会社計画同じ)から195 億円に減額した。投資判断は「アウトパフォーム」継続。

堀場製作所(6856):4.1%高の3315円。みずほ証券では、投資判 断を「中立」から「買い」へ引き上げた。収益の2本柱である自動車計 測機器や半導体機器の同時拡大が期待される一方、株価調整で割安感が 台頭したと判断。14年12月期の業績回復期待を考慮すると再評価余地は 大きいという。目標株価は4300円。

朝日インテック(7747):6.9%高の6050円。野村証券は目標株価 を6000円から7000円へ引き上げた。投資判断は「買い」継続。足元の新 製品の普及や欧米のPTCAガイドワイヤーの市場シェア拡大は想定を 上回ると分析。16年6月期以降には脳血管向け新型ステントAMTAS の普及に伴い、他の脳血管向けガイドワイヤーの相乗効果も期待できる と予想した。

ディスコ(6146):3.2%高の5750円。ゴールドマン・サックス証 券では投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。最近の株価低迷 で、圧倒的な競争優位を持ち、相対的に高いキャッシュリターンを有す る同銘柄を買う好機が到来したと評価した。目標株価は6930円。

ガンホー・オンライン・エンターテイメント(3765):3.8%安の 6万3800円。マッコーリー証券では、スマートフォン向けゲーム「パズ ル&ドラゴンズ」の累計ダウンロード1800万件までの100万件獲得に要 した日数は25日と、1700万件までの同23日、1600万件までの同21日より ペースが減速したと指摘。直近100万件についての1日当たりダウンロ ード数は3万8460件と、7-9月期の同証予想(4万2000件)を下回っ たとした。

東京エレクトロン(8035):3.8%高の4240円。7-9月の半導体 製造装置の受注高は1050億円前後と、4-6月に比べて7%増えそう だ、と21日付の日経新聞朝刊が報道。韓国サムスン電子の半導体メモリ ー向け投資などを取り込むとしている。

サンリオ(8136):2%高の5190円。野村証券は投資判断を新規に 「買い」、目標株価は5900円に設定した。算定基準については、潤沢な キャッシュ創出力、キャラクタービジネスの中長期的な成長性に注目す るため、短期的な利益成長性を評価する株価収益率(PER)ではな く、DCF(ディスカウントキャッシュフロー)法の適用が妥当だとし た。

AGS(3648):7.9%高の985円。株主優待制度を導入すると20日 に発表。毎年3月末時点で100株(1単元)以上を保有している株主を 対象に、一律1000円分のVJAギフトカードを配布する。株主還元姿勢 を好感する小口の買いが入った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE