米MBA住宅ローン申請指数、約2年ぶり低水準-16日終了週

全米抵当貸付銀行協会(MBA)の 住宅ローン申請指数は先週低下し、2年余りで最低の水準となった。金 利上昇に伴う借り換えの減少を反映した。

MBAが21日発表した16日終了週の同指数は前週比4.6%低下 し、2011年4月以来の低水準となった。借り換え指数は7.7%低下 と、10週連続の落ち込みを示した。前週にほぼ半年ぶりの低水準となっ た購入指数は、1.2%の上昇。

30年固定金利型の住宅ローン金利(平均)は4.68%と、7月初めに 記録していた2年ぶりの高水準に並んだ。前週は4.56%。15年固定金利 型(平均)は3.71%と、前週の3.60%を上回った。

申請件数全体に占める借り換えの割合は約2年ぶりの低水準であ る61.5%に低下した。前週は63.3%だった。

原題:Mortgage Applications in U.S. Drop to Lowest Level in Two Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE