JPモルガンのエネルギー取引で米司法省が調査に着手-関係者

米銀JPモルガン・チェースは、電 力市場で価格を操作したと指摘された問題で、米連邦エネルギー規制委 員会(FERC)と先月和解したが、米司法省がエネルギー取引慣行の 調査に着手した。事情を直接知る関係者1人が明らかにした。

調査が非公開であることを理由に関係者が匿名で語ったところで は、マンハッタン連邦地検のプリート・バラーラ検事正が、JPモルガ ンとFERCとの和解で問題となった行為を詳しく調べている。米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(WSJ)は19日、調査が初期段階にあ ると報じた。バラーラ検事正の広報を担当するジェリカ・リチャードソ ン氏と、JPモルガンの広報担当マーク・コーンブラウ氏は共に調査に 関するコメントを控えている。

原題:JPMorgan Said to Face Justice Department Probe of Energy Trading(抜粋)

--取材協力:Keri Geiger、Brian Wingfield、Bob Van Voris. Editors: David Scheer, Dan Reichl

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE