世界中の人にネット接続を、フェイスブックなどが新団体設立

米フェイスブックのザッカーバーグ 最高経営責任者(CEO)は他のテクノロジー企業とともに新団体を設 立し、世界中の人々のインターネット接続を可能にすることを目指す。 同社が20日に発表した。

新団体の名称は「internet.org」で、携帯端末メーカ ーの韓国サムスン電子やフィンランドのノキア、半導体の米クアルコム などが参加。現在ネット接続が可能なのは世界人口の約3分の1に当た る27億人程度で、残る約50億人についても接続を支援していくとしてい る。

ザッカーバーグCEOは発表文で、「開発途上国では知識経済への 接続と参加に巨大な障壁がある。internet.orgはこうした 困難を克服するための世界的なパートナーシップを集結させる」と述べ ている。

フェイスブックはソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS)世界最大手で利用者は11億5000万人を超えているが、さらな る顧客の獲得策を探っている。

原題:Zuckerberg Joins With Tech Companies to Boost Web Access (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE