日産、「タイタン」新型モデルにディーゼルエンジン搭載

日産自動車はピックアップトラック 「タイタン」の新型モデルにディーゼルエンジンを搭載する。同社は米 国での大型ピックアップトラックの販売に苦戦している。

日産の20日の発表によると、タイタンの新型モデルはカミンズ社製 の排気量5リッターのV8ディーゼルエンジンを搭載。2003年の発売以 来、タイタンは全面改良されていないが、今回、同モデルの詳細は明ら かにされなかった。

日産は10年前、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モータ ー、クライスラー・グループのサイズとパワーに匹敵するようなピック アップを日本のメーカーとして初めて投入したが、期待通りの販売実績 を上げていない。日産はタイタンを年間10万台販売するとの当初目標を 一度も達成したことがない。今年に入って7月までのタイタンの販売台 数は1万20台。トヨタ自動車の「タンドラ」の6分の1にすぎず、フォ ードの「Fシリーズ」やGMの「シルバラード」、クライスラーの「ラ ム」の販売台数にも及ばない。

調査会社オートデータによると、米国のフルサイズのピックアップ の販売台数は1-7月に23%増加した。

原題:Nissan to Offer Diesel for First Time in Redesigned Titan (1)(抜粋)

--取材協力:Mark Clothier. Editors: Bill Koenig, John Lear

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE