懲りない米砂漠の住宅バブル、ラスベガスやフェニックスで急騰

米ラスベガスでは寝室5室を備えた 住宅が7月半ばに49万9000ドル(約4850万円)で売却された。3カ月前 に売りに出された時の価格の2倍に相当する。フェニックスでは同様の 住宅が今月に入って60万ドルで買われており、3月からは27万3000ドル の値上がりとなった。

米国の住宅市場全体の回復ペースはこれよりも継続的なペースにと どまっているが、ネバダやアリゾナ州ではバブルの膨張が進んでいる。 砂漠の町である両市の住宅価格の伸びは、全米の住宅市場が崩壊する前 のブーム絶頂期以来で最大となっている。米スタンダード・アンド・プ アーズ(S&P)/ケース・シラー住宅価格指数によると、ラスベガス とフェニックスは今年、住宅価格の上昇で全米トップとなった。

同住宅価格指数の共同開発者であるカール・ケース氏は「明らかに バブルだ」と指摘。「上昇するものは下落する。それが起きるのはあっ という間だ」と述べた。

全米20都市を対象にしたS&P/ケース・シラー住宅価格指数によ れば、フェニックスの住宅価格は5月に前年同月比21%上昇。ラスベガ スでは23%値上がりした。全米でも12%上昇と、2006年3月以来で最大 の上昇率だった。

米調査会社リアルティトラックのバイスプレジデント、ダレン・ブ ロムクイスト氏は、フェニックスやラスベガスの価格変動が他の地域に 波及する可能性は低く、新たな全米規模の危機を示唆するものではない との見方を示した。

ブロムクイスト氏は「激しい価格変動が見られる市場はラスベガス やフェニックスといった観光地であり、バケーションを過ごしたい暖か い地域だ」と解説。「こうした都市で何が起きようが関係なく、他の地 域では順調な状況が続くだろう」と述べた。

原題:Bubbles Bloom Anew in Desert as Buyers Wager on Vegas: Mortgages(抜粋)

--取材協力:Heather Perlberg. Editors: Rob Urban, Rick Green

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE