ゴールドマン、「ワガママ」保有会社のファンドに投資へ-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プの資産運用部門、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント はロンドンを中心に展開する和食店チェーン「ワガママ」を保有するプ ライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社、デューク・ストリ ート・キャピタルの新ファンドに投資する。事情に詳しい関係者3人が 明らかにした。

関係者が匿名を条件に述べたところによると、ゴールドマン・アセ ットはデュークが計画しているファンドに最大1億ユーロ(約130億 円)を投資する。ゴールドマンはデュークの既存ファンドの他の投資家 から、持ち分を買い取ることでも合意しているという。

デュークは2012年2月に8億5000万ユーロ規模のファンドを計画し ていたが投資家が集まらず断念。その後も買収ファンドへの資金集めを 図っていた。

ゴールドマンのGSビンテージ・ファンドⅥは、デュークが2007年 に9億6300万ユーロを集めて開始した6番目のファンドの既存投資家か ら、持ち分約4億ユーロ相当を買い取るという。GSビンテージ・ファ ンドⅥは企業を直接買い取るのではなく、買収ファンドに投資する。

デュークとゴールドマンの担当者はコメントを控えた。

原題:Goldman Sachs Unit Said to Become Investor in Duke Street Funds.(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE