インド株:4カ月ぶり安値、景気敏感株に売り-ルピー最安値

20日のインド株式相場は下落。指標 のS&Pセンセックス指数は約4カ月ぶり安値となった。景気敏感株の 下げが目立った。通貨ルピーは対ドルで過去最安値を更新した。

インド最大のトラックメーカー、タタ・モーターズは6カ月以上で 最大の下落。トラクターメーカーで国内最大手のマヒンドラ・アンド・ マヒンドラは11カ月ぶり安値まで売り込まれた。インド石油ガス公社 (ONGC)は8カ月ぶりの安値で引けた。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前日比61.48ポイント (0.3%)安の18246.04と、4月以来の安値で終了。年初来高値を付け た7月23日以来では約10%下げている。当局のルピー防衛策が経済成長 の妨げになるとの懸念が背景にある。

この日の外国為替取引でルピーはドルに対し下げ、一時は過去最低 の1ドル=64.12ルピーとなった。

原題:India’s Sensex Retreats to 4-Month Low as Rupee Slides to Record(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE