甘利再生相:消費増税結論付けず意見聞く-26日から有識者点検会合

甘利明経済再生担当相は20日夕、今 月26日から消費税率引き上げの判断材料の1つとして開催する点検会合 について、安倍晋三首相の指示を受け、税率引き上げを結論付けること なく賛成、反対両派の有識者からバランス良く意見を聞く考えを示し た。内閣府本府で記者団に話した。

再生相は「首相から最初から結論が類推されるような偏った人選に しないよう指示があった」と述べ、金融、産業界のトップをはじめ学識 経験者やエコノミストなど幅広い人選に務めたことをアピール。その上 で、「9月上旬のできるだけ早い時期に、方向性を決めることなく意見 を集約し、首相に報告する」と語った。

「今後の経済財政動向等についての集中点検会合」と題された同会 合は31日まで総論、経済・金融、国民生活・社会保障、産業、地方経済 の5つをテーマに7グループに分けて開催。甘利再生相を進行役に麻生 太郎財務相、黒田東彦日銀総裁と経済財政諮問会議の有識者メンバーが 総勢59人からヒアリングする。

有識者には消費増税に慎重な浜田宏一、本田悦朗両内閣官房参与も 名前を連ねている。再生相は「首相から両氏の意見を聞くよう話があっ た」ことを明らかにした。このほか、岩田一政日本経済研究センター理 事長や植田和男東大大学院教授の日銀副総裁経験者、豊田章男トヨタ自 動車社長、国部毅三井住友銀行頭取らからも聞く。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE