グレンコア:のれん代償却7500億円、エクストラータ買収で

発電用石炭輸出で世界最大の企業グ レンコア・エクストラータの1-6月(上期)決算は39%減益となっ た。統合後の新会社発足に伴い、のれん代償却費用77億ドル(約7500億 円)が発生した。

調整後の純利益は20億4000万ドルと、ブルームバーグがまとめたア ナリスト6人の予想平均である18億7000万ドルを上回った。前年同期 は33億6000万ドルだった。のれん代の償却負担は旧グレンコアが買収に よって旧エクストラータを統合したことに伴うもの。

グレンコア・エクストラータは資料で、のれん代償却は「鉱山業界 に2013年1-6月期に広がった広範な後ろ向きの環境と地合いに加え、 未開発地域と大規模な拡張プロジェクトに関連したリスクの高まり」を 反映していると説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE