ベトナム:海外からの出資規制緩和へ-財務省が首相に計画提出

ベトナムは外国人投資家への規制緩 和に向けて一歩前進した。同国財務省は、一部企業に対する外国人投資 家の出資比率の上限を引き上げる計画をズン首相に提出した。

国家証券委員会の市場開発責任者グエン・ソン氏は19日、電子メー ルで送付した声明で、同計画が実現すれば、外国人投資家は「制限のな い」業界で議決権付き株式の保有比率を現行上限の49%から最高60%に 引き上げることが可能になると説明した。制限のある業界については、 海外投資家は議決権付き株式を上限の49%に加えて、さらに10%を追加 取得できるようになるという。どの企業が制限を受けるかについての詳 細には触れなかった。

ベトナム当局は海外からの投資を国内株式市場の成長の鍵とみてい る。海外の運用担当者が1億6200万ドル相当のベトナム株を購入する 中、指標のVN指数は今年に入り24%上昇。これに対してMSCIアジ ア太平洋指数の上昇率は3.1%にとどまっている。

原題:Vietnam Sends Plan for Relaxing Foreign Ownership Limits to Dung(抜粋)

--Nguyen Kieu Giang. Editors: Michael Patterson, Ravil Shirodkar

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE