NY原油先物時間外:一段安、下げ幅1ドル超-在庫統計控え

ニューヨーク原油先物相場は20日の 時間外取引で一段安。下げ幅は一時、1ドルを超えた。米政府が発表す る先週の原油在庫は約1年ぶりの低水準に減少することが予想されてい る。

原油先物相場は一時、1%下落。ブルームバーグのデータによる と、トレンドラインが下向きな中で19日にテクニカルな上値抵抗線を突 破できなかった。米エネルギー情報局(EIA)が21日に発表する先週 の原油在庫は125万バレル減の3億5920万バレルが予想されている。ソ シエテ・ジェネラルは北海ブレント原油の価格見通しを据え置いた。

CMCマーケッツ(シドニー)の市場担当チーフストラテジスト、 マイケル・マッカーシー氏は「市場が神経質になる理由がたくさんあ る。在庫指標の発表もある」と述べた。今週公表される7月の米連邦公 開市場委員会(FOMC)議事録については「米経済の現状に直接的に 言及しているだろう」と指摘した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物9月限はシンガ ポール時間午後2時40分(日本時間同3時40分)までに、一時1.09ドル 安の106.01ドルを付けた。9月限は20日に納会を迎える。全限月の取引 高は100日平均を約18%下回った。前日の通常取引は107.10ドルで引け た。この下落までは6営業日続伸で、4月25日以降では最長だった。10 月限は73セント安の106.13ドルで推移。

原題:WTI Crude Drops for a Second Day; U.S. Stockpiles Seen Declining(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE