ブラジル中銀総裁:利上げ加速観測が市場金利を押し上げ

ブラジル中央銀行のトンビニ総裁 は、中銀が利上げペースを加速させるとのトレーダーの観測がスワップ 金利を行き過ぎた水準に押し上げているとの見解を明らかにした。

同総裁は中銀のウェブサイトに19日掲載された発表文で、「最近の 市場金利の動きは過度のプレミアムを織り込んでいる」との認識を示し た。

償還期日を2015年1月とするスワップ取引の利回りはここ1週間 で0.94ポイント上昇し10.66%となり、ブラジル中銀が今月の金融政策 委員会で政策金利を最大0.75ポイント引き上げる可能性をトレーダーが 織り込んでいることを示している。1週間前は0.50ポイントの利上げが 見込まれていた。

XPインベスチメントスのチーフエコノミスト、ダニエル・クーニ ャ氏は電話取材に対し、トンビニ総裁は「中銀が利上げペースの加速を 議論していないとの極めて明確なシグナル」を送ったと指摘した。

原題:Tombini Says Brazil Traders Pushed Market Interest Rates Too Far(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE