FRB:大手18行の資本計画、1分野以上で基準未達

米連邦準備制度理事会(FRB) は、今年のストレステスト(健全性審査)の対象としている大手18行に ついて、FRBがリスク管理および資本計画の面で極めて重要とする5 分野のうち少なくとも1分野で基準を満たしていないと指摘した。

FRBのスタッフは19日公表した41ページのリポートで、多くの金 融機関が資本計画の手法を改善し資本水準を高めたとした一方、「多く の面でなお向上の余地が大きい」と記した。リポートでは、近年のスト レステストの弱点や有効に機能した点の概要が記されている。

リポートでは、4回のストレステストの後も一部の大手行は経済危 機に備えて構築すべき包括的なシステムおよび方針を欠いていると説 明。強みと弱点の双方を明らかにしつつ、全ての銀行持ち株会社が5分 野のうち「1分野以上で課題を抱えている」とし、各行それぞれの事業 およびリスクに合わせた分析が必要だと指摘した。

原題:Fed Finds 18 Large Banks Weak in at Least One Capital Area (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE