欧州株:下落、鉱山株と銀行株が安い-FOMC議事録に注目

19日の欧州株式相場は下落。指標の ストックス欧州600指数は前週まで週間ベースで3週続伸していた。米 連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の21日公表を控え、米当局が量 的緩和を縮小するとの観測が強まっている。

鉱山株が総じて安く、スイスのグレンコア・エクストラータ は2.1%下げた。スイスのセメントメーカー、ホルシムは1年9カ月ぶ りの大幅安。UBSによる投資判断引き下げが売り材料。スペインとイ タリアを中心に銀行株が下落。ウニクレディトとサンタンデール銀行の 下げが目立った。

ストックス欧州600指数は前週末比0.5%安の304.77で終了。米連邦 準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が米景気が見通し通りに改 善すれば緩和縮小は可能だと示唆した5月22日以降、同指数は1.9%下 げている。

UBS(チューリヒ)のアセットアロケーション共同責任者、マー ク・アンダーセン氏は「FOMC議事録が今週の大きな焦点で、米当局 による緩和縮小をめぐる不透明感が相場を押し下げている」と語った。

19日の西欧市場では18カ国中15カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Retreat as Glencore, UniCredit Drop; Kentz Jumps(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE