中国人民元、対ドルで2カ月ぶり大幅安-中心レート引き下げ

中国人民元は19日、ドルに対して2 カ月ぶりの大幅下落となった。新興市場への資金流入を促してきた米金 融当局の刺激策の縮小開始が近いとの観測が広がる中、中国人民銀行 (中央銀行)が元の中心レートを引き下げた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前週末比0.13%安の1ドル=6.1229元で終了。6月24日以来の大 幅な下げとなった。人民銀は元の中心レートを0.04%元安方向の6.1690 元に設定した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、香港のオフショア市場 では、人民元は0.07%安の6.1144元。元の1年物ノンデリバラブル・フ ォワード(NDF)は0.11%安の6.2453元と、上海スポット取引の元相 場を2%下回る水準。

原題:Yuan Drops Most in 2 Months on Weaker Fixing, Fed Taper Prospect(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE