香港株(終了):ハンセン指数、3日続落-中国不動産株安い

香港株式相場は下落。ハンセン指数 が3営業日続落した。中国の一部主要都市での住宅価格上昇を受け、政 府が不動産市場を沈静化するため一段の措置を講じるとの懸念が広がる 中、中国本土の不動産株が下落した。

不動産開発の碧桂園(カントリー・ガーデン・ホールディング ス、2007 HK)は2.6%安。電力会社の華能国際電力(902 HK)は9.4% 下落。中国が10月に電力料金を引き下げる可能性があるとの新聞報道が 嫌気された。

中国2位の通信機器メーカー、ZTE(中興通訊、763 HK) は2.5%高。政府が光ファイバーや高速無線ネットワークへの支出を拡 大する計画を発表したことが好感された。

ハンセン指数は前週末比54.11ポイント(0.2%)安の22463.70で終 了。構成50銘柄中、値下がりと値上がりの比率は約2対1。ハンセン中 国企業株(H株)指数は0.2%安の10199.08。

KGIアジアのベン・クウォン最高執行責任者(COO)は「先週 の株価上昇を受けて若干の利益確定売りが出ている」と指摘。「投資家 は中国政府が不動産市場を落ち着かせるため何らかの措置を講じるとの 懸念で比較的慎重な姿勢だ」と説明した。

--取材協力:Zhang Shidong. Editor: Jim Powell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE