アジア株:日本除くMSCI指数が下落-新興市場につれ安

19日の日本を除いたアジア株式相場 は3営業日連続で下落。新興市場の株安を受けてMSCIアジア太平洋 指数(日本除く)は、1週間ぶりの低水準で推移している。東証株価指 数(TOPIX)は薄商いながら上昇に転じた。

オーストラリア最大の鉄鋼メーカー、ブルースコープ・スチール は16%安と急落。19日発表の2013年6月期(前期)売上高が市場予想を 下回ったことなどが響いた。中国の不動産開発銘柄も売られ、碧桂園控 股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)は香港市場で2.2% 安。

日本を除いたベースでのMSCI指数は香港時間午後0時30分(日 本時間午後1時30分)現在、前週末比0.5%安の444.56。日本を含めた 指数は同0.2%高。

原題:Asian Stocks Outside Japan Drop, Led by Emerging Markets Retreat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE