中国向け乳製品に基準超える硝酸塩-NZ政府が公表

ニュージーランドは乳製品の原材料 として中国に輸出している製品に汚染の可能性が新たに見つかったこと を明らかにした。ニュージーランド産の乳製品に、まれではあるがボツ リヌス中毒症を引き起こす恐れがあるバクテリアが混入している可能性 が判明してから数週間しか経っていない。

ニュージーランド第一次産業省は19日、中国に輸出された一部乳製 品にニュージーランドの基準を超える硝酸塩が混入していたと発表し た。同省は汚染の見つかったバッチから生産されたウェストランド・ミ ルク・プロダクツ製造のラクトフェリン製品の輸出許可を取り消した。

同省は「消費者製品に使われるラクトフェリンの量は極めて少量で あり、これら製品の硝酸塩の水準は許容範囲に容易に収まるため、中国 の消費者に対する食品安全上のリスクはごくわずかだ」と説明してい る。

原題:N.Z. Reveals Second Case of Tainted Milk Exports to China (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE