7月の貿易統計(速報、通関ベー ス)は輸出から輸入を差し引いた貿易収支が1兆円超のマイナスと事前 予想を上回り、7月として過去最大の貿易赤字になった。輸出は回復傾 向にあるものの、円安に加えて原発停止を受けた夏の電力需要で原粗油 や液化天然ガス(LNG)の輸入が膨らんだ。

7月の輸出は前年同月比12.2%増の5兆9620億円と5カ月連続で増 えた。輸入は19.6%増の6兆9860億円と9カ月連続増加。貿易収支(原 数値)は1兆240億円の赤字となり、13カ月連続でマイナスになった。 財務省が19日発表した。ブルームバーグ・ニュース調査による予想中央 値は輸出が13%増、輸入は16%増。貿易収支は7735億円の赤字だった。

輸入額は7月として過去2番目の大きさ。原油が30.2%増、LNG が16.9%増といずれも大幅に伸びた。輸出は米国向けを中心に自動車輸 出が増えたが、7月の貿易赤字は単月でも過去3番目の大きさになっ た。地域別では衣料品の輸入が多い対中国の赤字が3864億円と大きい。

バークレイズ証券の森田京平チーフエコノミストは7月の貿易統計 についてリポートで、最も大きな赤字を見込んでいた自社予想も上回る 赤字として「円安によっても輸入金額が増加している点がうかがわれ る」と記した。これは先行きの貿易収支の下押し要因になると指摘して いる。

また大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミストはレポートで、輸出の 先行きについて「米国を中心として世界経済の回復と、昨年末からの円 安効果の顕在化で増加傾向が続く」と予想。7月は輸出数量が1.8%増 と14カ月ぶりに増加に転じており、貿易収支の「赤字幅は徐々に縮小し ていく公算」との見方を示している。

7月の輸出は米国向けが18.4%増と4カ月連続で2けた台の伸びを 示したほか、6月から黒字に転じた欧州連合(EU)向けも16.6%増だ った。一方でアジア向けは9.1%増、中国向けは9.5%増にとどまった。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE