JPモルガンをSECが調査、中国要人の子女採用で-NYT

米JPモルガン・チェースが中国事 業に有利になるよう同国要人の子女を採用した可能性について、米証券 取引委員会(SEC)の贈収賄対策部門が調査を進めている。米紙ニュ ーヨーク・タイムズ(NYT)が政府の機密文書を基に報じた。

同紙によると、JPモルガンは元銀行規制当局者で現在は中国光大 集団の会長を務める唐雙寧氏の息子を採用。香港オフィスでも元鉄道当 局者の娘を雇い入れた。いずれの場合も採用後、親が関連する企業から JPモルガンは仕事を得たと同紙は伝えた。

NYTによれば、JPモルガンは不正行為を指摘されていない。同 紙が引用した政府文書と公的記録は、これら要人の子女が同行の業務受 注を助けたことや能力不足を示唆していない。SECは5月に同行に対 し資料の提出を求めた。同紙によると、2人は現在までに退社した。

原題:U.S. Regulator Probes JPMorgan China Hires, New York Times Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE