ダラス連銀総裁:投資家の債券購入縮小予想で国債利回り上昇

米ダラス連銀のフィッシャー総裁 は16日、連邦準備制度理事会(FRB)による債券購入が縮小し、いず れ終了するとの認識が投資家の間に広がる中で国債利回りが上昇してい ると述べた。同総裁は米金融当局内で債券購入に最も批判的な幹部の1 人。

フィッシャー総裁は米経済専門ケーブル局フォックス・ビジネス・ ネットワークとのインタビューで、経済指標が引き続き良好なら9月に 債券購入を縮小すべきだと主張。雇用情勢は回復しつつあり、「住宅市 場は転換した」と述べたほか、米企業はスリム化しバランスシートが健 全化したとの見解を示した。同総裁は来年、連邦公開市場委員会( FOMC)での投票権を得る。

フィッシャー総裁は「市場は量的緩和が無限ではないことを認識す るようになった」と発言。「景気は回復しつつある。経済指標が改善し ている。イールドカーブ(利回り曲線)はスティープ化するだろう」と 述べた。

来月のFOMCで債券購入縮小が決まるとの観測を背景に、米10年 物国債利回りは16日、一時2.86%と約2年ぶり高水準となった。

原題:Fed’s Fisher Says Bond Yields Rising as Investors See QE Waning(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE