米国株:続落、住宅着工や消費者マインドなど統計重視

16日の米国株は続落。注目された経 済統計では、7月の米住宅着工件数が前月比で増加した一方、消費者マ インド指数は低下した。

S&P500種産業別10指数のうち8指数が下落。米10年債利回りが 2年ぶりの高水準に上昇したことに反応し、高配当銘柄が特に下げた。 ベライゾン・コミュニケーションズを中心に通信株が下落した。百貨店 ノードストロームも安い。通期の売上高見通しを引き下げたことが嫌気 された。

S&P500種株価指数は前日比0.3%安の1655.83。週間ベースで は2.1%安と、6月21日以来で最も下げた。ダウ工業株30種平均は30.72 ドル(0.2%)安の15081.47ドル。週間ベースでは2.2%下げた。

ソーンバーグ・インベストメント・マネジメントの株式リサーチア ナリスト、ブライアン・ブレル氏は、「米経済に対する市場の浮ついた 見方は冷めたようだ」と述べ、「投資家らは経済統計を分析して、この 先の方向性や米金融当局の行動を見極めようとしている」と続けた。

前日のS&P500種は1.4%下落。ネットワーク機器大手シスコシス テムズと小売り大手ウォルマート・ストアーズの業績予想が投資家の失 望を誘った。また、融緩和策縮小をめぐる観測がさらに広がり債券利回 りが上昇したことも、株の売りにつながった。

住宅着工件数、消費者マインド指数

米商務省が発表した7月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換 算)は89万6000戸と、前月から5.9%増加した。前月は84万6000戸と、 速報値から修正された。一戸建ての着工件数は前月比で減少した。

8月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)は80と、前月の85.1から低下。ブルームバーグ・ニュースが まとめたエコノミスト予想の中央値は85.2だった。前月は2007年7月以 来の高い水準だった。

ブルームバーグが8月9-13日にエコノミストを対象に行った調査 によると、65%が9月17-18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会 合で債券購入の縮小が決定されると予想。前月の調査では50%だった。 調査結果では債券購入の規模を100億ドル引き下げて月間750億ドルにす るとみられている。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)は2.4%低下の14.37。今月5日以来、同指数は21%上昇した が、年初からは20%低下している。

高配当銘柄が安い

高配当株は下落。債券利回り上昇に伴い、株式の相対的な投資妙味 が薄れた。S&P500種産業別10指数の中で最も配当の高い通信株は 1%下落した。ベライゾンは1.7%下落。公益事業株は1.1%下げた。

ノードストロームは4.9%安。前日遅くに通期の業績予想が下方修 正されたことを受けて、スターン・アギー・アンド・リーチはノードス トロームの株式投資判断を「買い」から「ニュートラル」に引き下げ た。

米百貨店JCペニーは3.1%下落。前日までの2日間は上昇してい た。アクティビスト(モノ言う株主)のウィリアム・アックマン氏は同 社取締役を退いた。ブルームバーグがまとめた予想によると、20日に発 表される四半期決算は純損失が拡大し、売上高が8%減少するとみられ ている。

一方、住宅建設株価指数は0.1%上昇。S&Pスーパーコンポジッ ト住宅建設指数は年初から6.1%低下している。パルトグループはこの 日2.3%高で終えた。

原題:U.S. Stocks Decline as Investors Weigh Housing, Confidence Data(抜粋)

--取材協力:Nikolaj Gammeltoft、Katie Brennan、Cecile Vannucci. Editors: Jeremy Herron, Jeff Sutherland

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE