NY金:3日続伸、2カ月ぶり高値-現物買いが支え

ニューヨーク金先物相場は3日続 伸。ほぼ2カ月ぶりの高値となった。現物需要に増加の兆しが表れたこ とが手掛かり。

業界団体ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)が今週発表し たところによると、4-6月(第2四半期)の世界の延べ棒とコインの 購入は過去最高に達したほか、宝飾品の購入は2008年以来の最高となっ た。ブルームバーグが市場関係者を対象に実施した調査によると、13人 が来週の金相場は上昇すると回答。4人は下落を予想、5人は中立姿勢 を示した。

シティグループの商品先物スペシャリスト、スターリング・スミス 氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「ここ最近の上昇は力強い現 物買いに支えられている」と指摘。「ムードは確実に強気だ」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.7%高の1オンス=1371ドルで終了。引け後には一 時1379.20ドルと、6月18日以来の高値をつけた。週間では4.5%高と、 7月12日終了週以来の大幅上昇。

原題:Gold Reaches Two-Month High as Silver Caps Best Week Since 2008(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE