アジア・太平洋株式サマリー:中国株下落、印株2年ぶり大幅安

アジア・オセアニア各株式市場の 動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場では、ハンセン指数が下落。米雇用関連指標を受け、 米金融当局が刺激策を縮小するとの懸念が高まった。

香港上場の中国本土の不動産会社で2位のチャイナ・リソーシズラ ンド(華潤置地、1109 HK)は3.4%下げた。政府が不動産規制策を維持 するとの観測が広がった。売り上げの大半を米国で稼ぐソファメーカー の敏華(1999 HK)は1.3%安。光大証券の第2位株主、中国光大(165 HK)は5.5%安。光大証券が取引システムのエラーを明らかにしたこと が嫌気された。

ハンセン指数は前日比21.44ポイント(0.1%)安の22517.81で終 了。週間ベースでは3.3%上昇した。ハンセン中国企業株(H株)指数 は前日比0.1%高の10220.20で引けた。中国本土の上海総合指数は午前 の取引で2分間でマイナス圏から5.6%高に急上昇した。終値は前日比 で下げた。

岡三証券の忍足真理マーケットストラテジスト(香港在勤)は、 「きょうの本土の値動きに関して、相場はさまざまな観測が飛び交って いた」と指摘。中国政府から小規模ながらも刺激策発表が相次ぎ「相場 マインドは改善していることから、今後も利食い売りをこなしながら買 い戻し基調が続きそうだ」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式市場は売買高急増で混乱し、上海総合指数が取引時間中 に2009年3月以来の大幅上昇を記録したものの、結局は下落して取引を 終えた。光大証券は取引システムのエラーが発生したことを明らかにし た。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、午前の取引で2分間で前日比1%安から5.6%高 に急上昇した。終値は13.43ポイント(0.6%)安の2068.45。光大証券 は調査を進めていると説明した。

広発基金管理の資産運用担当者、陳仕徳氏(広州在勤)は「こうし たことは長いことなかった」と指摘。「市場の地合いは引き続き弱くと どまるだろう」と述べた。

上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.8%安 の2304.14で引けた。

【インド株式市況】

インド株式相場は急落し、指標のS&Pセンセックス指数は約2年 ぶりの大幅安となった。過去最安値を付けたルピーの一段安阻止を図る 政府の対策は経済成長を妨げるとの懸念が広がった。

銀行株では、インドステイト銀行が3.3%下げて4年ぶり安値を付 けたほか、ICICI銀行は5.2%の大幅下落。国内最大の発電機メー カー、バーラト重電機は8年ぶり安値まで売り込まれた。一方、二輪メ ーカーのヒーロー・モトコープは約1年ぶりの高値で引けた。

ムンバイ市場でのセンセックス指数は前営業日比769.41ポイント (4%)安の18598.18で終了。ブルームバーグがカバーする主要株価指 数の中で最もきつい下げとなった。

ルピーはドルに対し一時0.9%安の1ドル=62.005ルピーまで下 げ、過去最低を記録した。インド準備銀行(中央銀行)は14日、国内企 業の海外投資と居住者による海外送金の上限を引き下げる措置を発表し た。政府は7月以降、流動性供給の引き締めや通貨デリバティブ規制、 金輸入制限などの措置を講じている。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比38.51ポイント(0.8%)安 の5113.86。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前営業日比3.80ポイント(0.2%)安 の1920.11。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比37.74ポイント(0.5%)高の7925.00。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE