ユーロ圏:6月の輸出が3カ月ぶり増加-7月インフレ率1.6%

ユーロ圏では6月の輸出が3カ月ぶ りに増加した。ドイツの輸出回復が大きく寄与した。また、ユーロ導入 以後で最長のリセッション(景気後退)から脱した同地域の7月のイン フレ率は1.6%にとどまった。

欧州連合(EU)統計局(ユーロスタット)の16日発表によると、 6月の輸出(季節調整済み)は前月比3%増加。5月は2.6%減だっ た。ドイツの輸出は6.3%増と、9%落ち込んだ前月から持ち直した。

同時に発表された7月のユーロ圏消費者物価指数(改定値)は前年 同月比1.6%上昇。伸び率は前月から変わらずで、7月31日発表の速報 値に一致した。インフレ率はECBが目安とする2%弱の水準を6カ月 連続で下回っている。7月のコアインフレ率は1.1%。

ユーロ圏経済は4-6月(第2四半期)に2011年以来のプラス成長 となり、リセッションから脱却した。米国の景気拡大と金融市場が比較 的安定したことが追い風となっている。欧州中央銀行(ECB)は成長 促進に向け、既に過去最低にした政策金利を現行水準かそれ以下に「長 期にわたり」維持する方針を示している。

ムーディーズ・アナリティクスは15日のリポートで、「ユーロ圏の 成長は米国と新興国からの需要増加が主な原動力となるだろう」とし、 「これらの市場の減速が見通しへの主たるリスクで、ユーロ圏内部で情 勢悪化があればそれも加わる」と分析した。

発表によれば、ユーロ圏の輸入は6月に前月比2.5%増えた。5月 は2.1%減少。6月の貿易収支は149億ユーロ(約1兆9400億円)の黒字 となり、その幅は前月の138億ユーロから拡大した。

原題:Euro-Area Exports Increase 3% as Inflation Holds Below 2% (1)(抜粋) Eurozone July Consumer Prices: Statistical Summary (Table) (抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg. Editors: Jones Hayden, Fergal O’Brien

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE