ゴールドマンがリード、中国華融資産管理への出資で-FT紙

中国の不良資産受け皿会社、中国華 融資産管理が来年予定する香港上場を前に出資を募る中で、米ゴールド マン・サックス・グループが金融機関同士の競い合いでリードしてい る。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が取引に詳しい関係者2人 の話として報じた。

FTによれば、ゴールドマンとモルガン・スタンレー、ドイツ銀行 は中国華融が売却を計画する計15億ドル(約1460億円)相当の株式の取 得について話し合いを持った。ゴールドマンが最も多くの株式を買い取 る方向だという。

ゴールドマンの広報担当エディ・ネーラー氏とドイツ銀の広報担当 ジェレミー・ヒューズ氏はコメントを控えた。モルガン・スタンレーの 広報担当者には接触できていない。北京に本社を置く中国華融の広報室 に電話したが返答はない。

原題:Goldman in Lead to Take Biggest Share of Huarong Stake, FT Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE